Letheの日記

大阪で活動する4人編成のポストロックバンドLethe「レテ」

時間

こんにちは、

 

 最近映画をよく観ます。

映画館はもちろん、自宅でも。

大概は奥さんが借りてきたモノ、観たいものを観ています。

なぜ、自分から観たいものを見なくなったのか…

それは、独りではないからです。

考え事をする時間は減りました。

 

22歳から2年くらいは

本当死ぬ程、時間がありました。

曲を作って寝る、起きたらまた作って気づいたら

一週間過ぎてる。

バイトはしていましたけど、あんまり友人とも会わず。

小さな世界で生きてました。

 

時間は一人でいようと、人といようと

同じ速さで過ぎています。

けれど考えた量は、ひらめき、もしくは答えに比例しません。

一瞬で離婚を決意する事、人を殺める事もあるのです。

悪い例ですが、

事象の把握にかかる時間は、多分人間の知能なら数秒ですむ話です。

 

ただ、ひらめきや答えは移ろいやすく、忘れやすい。

これは時間の特性です。

でもだからリトライできる。そしてたまに答えは変わる。

この特性のおかげで僕は続いています。

 

最後に映画の話に戻って、

「メッセージ」という絶賛ロードショー中のSF映画

時間がテーマです。

インターステラーと観終わった感覚が近いのですが、

違う時間の使い方が良かったです。

 

ではこの辺で。

 

https://soundcloud.com/lethe-16 

www.youtube.com

 

 

letheについてとあれやこれや

こんにちは、

今日は私のやっているletheというバンドについて。

まずは田中くんがベースとして3月頃に加入しました。

一番年齢は下ですが、一番技術が高いです。

そして、ほぼほぼすべての曲が良くなりました。

 

彼はぼくらの「セレニテ」という曲を気に入って入ってくれました。

ドラムの西野くんもそうですね。

もっと遡ると今の編成になる前の時代にギターの横尾くんがお付き合いしていた方も

良いと言ってくれていたと聞いています。

そんな「セレニテ」という曲、私も一番気に入ってます。

二十歳そこそこの頃、この曲をMステでやったらどうなるかとか妄想してました。

バカだけど完全には治らなモノですね今も、

それくらい良い曲です。好き嫌いは別として。

 

あっ↓これリンクです。よければ、

youtu.be

 

もし、もっと多くの人に届く機会、手段があれば、

そんな浅はかな理由でブログも始めているのです。

 

願ってしまったら叶えるしか方法が私には見つけられません。

 

かなり横道にそれましたが、

なしかベースの田中くんが入って良かったって話です。

 

ここからは、好きな服の話。

「KONYA」ってブランドご存知ですか?

まずは下記をのぞいてみてください。

KONYA

 

襟のパターンが秀逸ですよね。

私はシャツとジャケットを持っていますが、

普通に使えますよ。

日本人に似合う洋服。その一言です。

ka na ta とかもそういう意味では近いのかもしれないけど。

少し哲学的で、lookとか扱うショップとかも

すごい凝り固まって見えて、

 

そこが良い意味でKONYAは普通です。

lookもセオリー通り西洋人やし。

 

もっと扱うショップが増えたらいいけど、

まあ大阪でも買えるしよいのかな…

 

今日はこのへんで終わります。

 

soundcloud.com

 

 

オリーブ

こんばんは、表題通りオリーブについて。

ご存知ですよね、オイルもあるし、マティーニにも入ってるし、

レストランの入り口にもあったり。

よーく目にしますね。

 

ありふれているから僕もオリーブはもこみちぐらいに思ってました。

 

それが変わったのが2011年からですね。

きっかけは小豆島、旅行です。

ゴールデンウィークを使って、直島〜小豆島と巡りました。

良い季節で、春の服装や色、匂いが僕は好きです。

小豆島はまさに日本の地中海、丘にはオリーブが並んで、

風車が回っている。

ソフトクリームにもオリーブが入っていて、恋人の聖地だかエンジェルロードもある。

 

多分、ただの旅行なら全部過ぎ去っていたと思います。

ひねくれた性格でしたから。

 

僕はその時のお気入りの水色に、格子みたいなラインが入った変な服を着て、

彼女は赤いカーディガンに、英語の文字が入った白いTシャツを着てました。

普通に歩いていただけのように思います。

 

僕は結婚しました。

その人と。

 

オリーブは同種どうしでは実を付ける事はなく、

必ず別の種類のオリーブがとなりに必要です。

 

プロポーズに再び訪れた小豆島。

そこで買ったオリーブの苗木は、今ベランダで背を伸ばし洗濯物と揺られているでしょう。

f:id:LetheOsaka:20170405142836j:plain

インフルエンザ

こんばんは、

お元気ですか?

僕は…そうインフルエンザにかかりました。

A型です。

 

人生で多分2度目ですかね、

一度目は18年前の小六の秋。

なぜそんなに鮮明に覚えているのか、

理由は僕の誕生日に近かったこと、そして、

学校のハロウィンパーティーのお菓子が家に届いた思い出があるからですね。

 

しんどかったですね、テレビを見たら画面ごと二重に見えて

断念したのを覚えています。

僕はわりと扁桃腺の影響もあって高熱を出す事が多いのですが、

高熱を出すと起こる症状があって、

自分がわからんくなるんですよ。

文字に記すとアホですけど、当人はまーやばい状態でして、

大体眠りから覚めた直後から発生します。

状態は以下のとおりです。

・自分以外は理解できてるような。

・自己は崩壊してうまく認識できず。

・五感は正常、多分。

・目についたもの、例えば雑誌のタイトルとかで

 頭がいっぱいになる。

・すごい恐怖心、居心地の悪さを感じる。

・記憶に残る。

 

さらっと書き出しましたが、そんな状態です。

もう最悪です。心も体をアウトですね。

子供の時、悪夢にうなされたり、わけわからん事言ったりって

あったと思うんですけど、それの大人版ですね。

調べると熱せん妄って出てきますね。

 

あんまり、友人とかに聞いても同じような経験をした事が無いみたいで、

多分少ないのかな?なってる人。

タミフルの事件ありましたけど、今はインフルエンザ脳症かな、

飛び降りたって事件。

あれ理解できるんですよ僕。変な意味じゃなくて、

かなりの恐怖心と居心地の悪さを感じて、

自己が崩壊してるのが自分でわかって。これが続くのかって恐怖も来て、

飛び出したくなるんです。

ただ一つ言えるのが周りの言葉は耳に入るのでそれは救いです。

 

なんかわけのわからん内容になりましたが、

今日は絶賛静養中なのでこのへんで!

 

Lethe

officileHP 

ymlethe.wixsite.com

soundcloud

soundcloud.com

服の話

こんにちは、

Letheの松尾です。

 

最初のブログでも書きましたが、

服を作っていた時期があったので、

今回は服の話を。

 

f:id:LetheOsaka:20170205232902j:plain

シャツやら、

f:id:LetheOsaka:20170205233011j:plain

ブルゾン、

f:id:LetheOsaka:20170205233129j:plain

デニムのジャケットやら、

3枚あげましたが、こんな感じの服を作ってました。

 

でっ、なんで服を作り始めたか…

それはコスプレで服を作っている姿を見る機会があって、多分自分でも

作れるなと思ったのと、

これが一番デカイんですけど、音楽でもインディペンデントってあるけど、

ファッションでも当たり前にあって。

僕はバンドばかりやって服も好きだったんですけど、やっぱり二の次で、

一回解散して、そこからなんとなく自分の好きな服を探すようになりました。

 

そこで、一つ僕の中でエポックなお店に出会ったんですけど、

セレクトショップで、僕の好きなイメージの服がありました。

何よりそこの店員さんはご自分でデザイン運営されてるブランドを

店頭に並べていて、でもそれは店頭では完全にふせて他のブランドと

同列に販売接客してました。

 

なんか頼もしいなって思いました。

 

服って音楽より人に近いと僕は思います。

衣食住っていいますけど、やっぱそうなんですよ。

それをインディペンデントで拡げていく姿はかなり刺激的でした。

 

Licht Bestreben

Nyte

 

上にあげた二つのブランドはかたやデイリーなシーンに、

もうひとつは少しドレッシーで夜のイメージ、でも共に

インディペンデントに信念を感じます。

 

今日はここまで。

 

Lethe

officileHP 

ymlethe.wixsite.com

soundcloud

soundcloud.com

埋もれた何枚か

せっかく音楽をやっているので、

何枚か埋もれてしまっているアルバムを紹介します。

 

Letheってバンドやっているんですけど、

僕らは一応ポストロックバンドってしています。

ポストロックってワード2017年の現在でもそんなに廃れず

残っているので、あんまり紹介してもしょうがないかなーと…

 

それで、考えて出てきた何枚かを紹介します。

 

まずは「映糸」って人達。

大阪で活動しているのかな?確か、それで

awaawaってアルバムを買ったんですけど、

構成はエレアコ、ボーカル、アップライトベース

サンプリングの音も入れているかな。

廃人になれますよ聴いたら何日か、

ダウナーの音楽ってこれなんだなって16、7の僕は思いました。

 

でもね、トリップはできません。

日常の音楽です。

彼女の髪を乾かすドライヤーの音が卑屈に聞こえるなっとか、

そんな生活の音を感じます。

多分録音環境がスタジオとかじゃないのだと思います。

 

次は、エディリーダー。

女性の歌い手さんです。

経歴は詳しく知らないのですけど、なんかたまに日本のビルボードとかに

来てるみたいですね。

 

キャンディフロス アンド メディシンってアルバムだけ持ってて、

これは本当昔たくさん聴きました。

その時、アラニスモリセットとかも聴いてたんですけど、

エディリーダーの方が断然聴きましたね。

 

それは、今になって思うんですけど、イギリスのグラスゴー出身

なんですねこの人。

グラスゴーっていったらポストロック界隈でもモグワイがいたり、

あとトラヴィスもいる。

やっぱり土地の空気ってあって。

なんの縁もゆかりもないグラスゴーが肌に合いますね僕は。

 

話はアルバムに戻って、このキャンディフロス アンド メディシンは

全曲いいですよ。

1曲あげるならレイジーハートかな、

夜の高速でドライブしながら聴いて下さい、独りで。

 

最後、3番目は出てこないので、

また次の機会に。

 

 

 

 

年明け

年明けましたね、
 
てっことでブログ始めました。
簡単に自己紹介すると大阪で活動しているLethe(レテ)てバンドやってます。
 
去年は亮二君(メンバー)がハワイで結婚したり、バンドが再開したり色々ありましたね。なんし、20代が終わりました、全員。
考えて書くのが面倒くさいので、考えないで書きます。
僕はバンド出来てるのがうれしいです。バンドしてない時は服作ってました。
急に降りてくる事ってあるんですね、それが僕は服づくりでした。
直線ミシン買って、生地を買って、トルソー買って、とりあえずトワルっていう
仮縫いのサンプル作りをいきなりはじめて、わからんことは後から本なりネットで調べる。
そんでジャケット作りました。他にもたくさん作りました。仕事して寝ずにマジで沢山。
アイロンの酷使やら縫い過ぎで指が化膿したり。取り憑かれたみたいに…
そんなにのめり込んだのはギターで音楽作りはじめた以来ですね。
 
でもバンドが始まって服作らなくなりました。
本当あっさり。
それからは進化していくバンドが頼もしく。
昔じゃ気づかなかったメンバーのアプローチなりにニヤっとしたり。
やっぱりね、にしやん(ドラムの)が入ったのはでかいです。
人でみんな良くも悪くも変わるんです。
 
とりあえず始めて一年かな?もうすこしで、
多分これからも進化やら退化やらするでしょう。
何よりみんなまだ人として変わる気がする。
 
ただね、音楽は変わらずあってほしいね。
欲を言えばまだ違う景色をみんなで見たいね。
僕ら以外に必要とされないともしかしたらバンドは続かないかもしれない。
ヴィセント ヴァン ゴッホになれるやつもメンバーにはいるけど。
でもねやっぱりみんなで見てみたいね。
 
僕は幸せなんですよ、
一瞬一瞬で満ち足りて、ピクサー見て笑える。
ご飯食べてもおいしいしね。
 
ただ、やり残したまま過ぎるのが怖いだけです。
そんだけ、
別にしなくていいことばかりですよ。
 
でも何かに変わる可能性をただ感じてる。
 
最後に映画の話で終わります。
ペーパーマンって洋画なんですけど、
 
制作に行き詰まった作家が、妻と離れ、田舎町の別荘で
暮らし新たな創作活動を始めるって、要約するとそんな話。
 
まあ見て下さい。
でわ
 
Lethe 松尾
 
あっこれは新年一発目のライブです。