Letheの日記

大阪で活動する4人編成のポストロックバンドLethe「レテ」

服の話2

f:id:LetheOsaka:20170924222630j:plain

こんばんは、

今日は服の話です。

というのも、1年半ぶりくらいにミシンを引っ張りだし、

服を作りました。

 

縫い方や、生地の扱いを忘れてるかな?って思いましたけど、

やれば全然いけました。

パターンは前からずっと使ってる。

「セーラーカラーブルゾン」って名付けたヤツで、

デニムで縫製してましたけど、レザーが眠っていたので、

ライダースにしてみました。

f:id:LetheOsaka:20170924223838j:plain

 

f:id:LetheOsaka:20170924224248j:plain

 

生地で同じパターンでもこんな違うのかーってのが

久しぶりに作って感じたことで。

下のがデニムのvirです。

f:id:LetheOsaka:20170924224918j:plain

 

やっぱりレザーでライダースってことで、

スナップボタンをつけたり、ポケットのギミックを足しました。

 

楽しいですね、色々アイディアが出てきます。

 

実はロックミシンもあるんですけど、まだ一度も使ってません。

今度はカットソーを作りたいですね。

トアルしたいな。

 

でわでわ。

グレーな季節

 こんにちは、

いきなり表題の話なんですけど、

グレーって色も語感もなんかいいですよね!

僕だけかな?

どっちつかずっで、白黒つけたい人には退屈なモノかもしれませんが、

僕は大好きな色だし、感覚だと思います。

ちょうど今は季節の変わり目、狭間の季節。

 

昔どっかで戦争と戦争の間の平和か、

平和と平和の間の戦争かって話してる人いましたけど。

もう10年くらいそれを聞いてから経ちますけど、

やっぱ全然ピンッときませんね。

四季でいうと春と秋無視ですもんね。

本質を見極めることは、イエス・ノーだけじゃ足りない気がします。

 

前置き長くなりましたけど、

映画見たんで、その話を少し。

 

パッセンジャーって去年くらいの作品。

宇宙のネタに僕は弱いんですけど。

地球外の惑星に移住が当たり前になった時代の、

地球から新たな惑星まで向かう宇宙船の中の話です。

主要キャスト3人。男・女・バーテンです。

 

この映画はSF、宇宙の内容でいくと多分駄作です。

途中破綻してるところもあります。

しかし、人生の価値を何に見いだすか?

そのドラマの描き方は素敵だと思います。

 

3人いいましたけど、もう1人出てきます。

こいつはいらん気がしたんですけど、

多分この言葉を言わせるために出て来たんでしょう。

「溺れている人間は、必死に、生きる為に誰かにしがみつこうとする。」

 

そうですよね、

 

まぁようわからんけどそんな感じで終わりますっと

思っていたのですが、この前ある人が「エモい」って言ってたのがすごく良くて。

言う人にもよるんですが、

ある映画のことをあれはまさに「エモい」って言ってました。

ちょっとそれ拝借させてもらって、

パッセンジャーもちょっと「エモい」と思いました。チャンチャン♪

 

最後に最近のバンドの曲のデモでーす。

soundcloud.com

 

 

すれ違いとホットコーヒー

f:id:LetheOsaka:20170724165810j:plain

こんにちは、

7月も残すところ後少し、暑い日々が続いてますね。

先日無事に京都nanoにてのライブが終わりました。

お越しいただいた方々、nanoにてお会いした皆様ありがとうございます!

 

京都では8/26(土)にmojoにてまたライブがあります。

そして今後もちょこちょこと出演があるかもしれません。

気になったりご都合あえば是非お越し下さい。

 

で、タイトルの話を少し、

人間ですもの、人といれば多少なりすれ違いは起こりますよね。

気持ちと理性のバランスをとることは未だに難しいです。

ただ、昔と明らかに変わったことは、気持ちへの比重が減ったことです。

本音って大事なんですかね?ってちょくちょく思ってます。

でもそれは、自分が成したいことに本音が邪魔をしているからです。

 

成功したら好き勝手モノを言うとかそういうことではまったくないのですが、

ちょー平たく言うと好きな場所にいるためです。

 

長くなりましたが、喧嘩をして熱帯夜の堀川、二条界隈に自転車飛び出し、

ホットコーヒーを買って頭を冷やし、一周して家に戻るってそんな話です。

 

夏に冷静さを取り戻すのに、ホットコーヒーは以外にありです。

まず家に帰りたくなります。

 

それでは、

soundcloud.com

 

 

 

 

京都でやります

こんにちは、

いきなり、表題通り告知があります。

一週間切っているのですが、京都で7・8月にライブをします。

 

7月18日(火)は二条のLive House nanoにて、

僕らの出番は20:00〜からです。

 

8月26日(土)は四条烏丸

ライブハウス 京都MOJO : WELCOME!!KYOTO MOJOにてです。

 

もしなんかの縁でここにたどり着い人がいたら、

観に来て下さい。

気が向いたらしゃべりかけて下さい!

 

なんかざっくりなりましたけど、今日はこの辺で失礼します。

 

松尾

 

ymlethe.wixsite.com

 

時間

こんにちは、

 

 最近映画をよく観ます。

映画館はもちろん、自宅でも。

大概は奥さんが借りてきたモノ、観たいものを観ています。

なぜ、自分から観たいものを見なくなったのか…

それは、独りではないからです。

考え事をする時間は減りました。

 

22歳から2年くらいは

本当死ぬ程、時間がありました。

曲を作って寝る、起きたらまた作って気づいたら

一週間過ぎてる。

バイトはしていましたけど、あんまり友人とも会わず。

小さな世界で生きてました。

 

時間は一人でいようと、人といようと

同じ速さで過ぎています。

けれど考えた量は、ひらめき、もしくは答えに比例しません。

一瞬で離婚を決意する事、人を殺める事もあるのです。

悪い例ですが、

事象の把握にかかる時間は、多分人間の知能なら数秒ですむ話です。

 

ただ、ひらめきや答えは移ろいやすく、忘れやすい。

これは時間の特性です。

でもだからリトライできる。そしてたまに答えは変わる。

この特性のおかげで僕は続いています。

 

最後に映画の話に戻って、

「メッセージ」という絶賛ロードショー中のSF映画

時間がテーマです。

インターステラーと観終わった感覚が近いのですが、

違う時間の使い方が良かったです。

 

ではこの辺で。

 

https://soundcloud.com/lethe-16 

www.youtube.com

 

 

letheについてとあれやこれや

こんにちは、

今日は私のやっているletheというバンドについて。

まずは田中くんがベースとして3月頃に加入しました。

一番年齢は下ですが、一番技術が高いです。

そして、ほぼほぼすべての曲が良くなりました。

 

彼はぼくらの「セレニテ」という曲を気に入って入ってくれました。

ドラムの西野くんもそうですね。

もっと遡ると今の編成になる前の時代にギターの横尾くんがお付き合いしていた方も

良いと言ってくれていたと聞いています。

そんな「セレニテ」という曲、私も一番気に入ってます。

二十歳そこそこの頃、この曲をMステでやったらどうなるかとか妄想してました。

バカだけど完全には治らなモノですね今も、

それくらい良い曲です。好き嫌いは別として。

 

あっ↓これリンクです。よければ、

youtu.be

 

もし、もっと多くの人に届く機会、手段があれば、

そんな浅はかな理由でブログも始めているのです。

 

願ってしまったら叶えるしか方法が私には見つけられません。

 

かなり横道にそれましたが、

なしかベースの田中くんが入って良かったって話です。

 

ここからは、好きな服の話。

「KONYA」ってブランドご存知ですか?

まずは下記をのぞいてみてください。

KONYA

 

襟のパターンが秀逸ですよね。

私はシャツとジャケットを持っていますが、

普通に使えますよ。

日本人に似合う洋服。その一言です。

ka na ta とかもそういう意味では近いのかもしれないけど。

少し哲学的で、lookとか扱うショップとかも

すごい凝り固まって見えて、

 

そこが良い意味でKONYAは普通です。

lookもセオリー通り西洋人やし。

 

もっと扱うショップが増えたらいいけど、

まあ大阪でも買えるしよいのかな…

 

今日はこのへんで終わります。

 

soundcloud.com

 

 

オリーブ

こんばんは、表題通りオリーブについて。

ご存知ですよね、オイルもあるし、マティーニにも入ってるし、

レストランの入り口にもあったり。

よーく目にしますね。

 

ありふれているから僕もオリーブはもこみちぐらいに思ってました。

 

それが変わったのが2011年からですね。

きっかけは小豆島、旅行です。

ゴールデンウィークを使って、直島〜小豆島と巡りました。

良い季節で、春の服装や色、匂いが僕は好きです。

小豆島はまさに日本の地中海、丘にはオリーブが並んで、

風車が回っている。

ソフトクリームにもオリーブが入っていて、恋人の聖地だかエンジェルロードもある。

 

多分、ただの旅行なら全部過ぎ去っていたと思います。

ひねくれた性格でしたから。

 

僕はその時のお気入りの水色に、格子みたいなラインが入った変な服を着て、

彼女は赤いカーディガンに、英語の文字が入った白いTシャツを着てました。

普通に歩いていただけのように思います。

 

僕は結婚しました。

その人と。

 

オリーブは同種どうしでは実を付ける事はなく、

必ず別の種類のオリーブがとなりに必要です。

 

プロポーズに再び訪れた小豆島。

そこで買ったオリーブの苗木は、今ベランダで背を伸ばし洗濯物と揺られているでしょう。

f:id:LetheOsaka:20170405142836j:plain